釈迦如来と阿弥陀如来の違い



ご存じのようにお釈迦様は約2500年前に実在された、人々に仏法を説かれたお方です。

一方、阿弥陀如来は歴史上の人物ではなく、お釈迦様の教えの中に出てくる法性法身(ほっしょうほっしん)の如来で、お釈迦様の師匠のような存在であると考えられます。

この他にも大日如来や薬師如来などありますが・・・省略(゚-゚)

如来」とはサンスクリット語で「真実から来た者」と言う意味の和訳です。
いわゆる悟りを開き、最高の境地に達した存在の方ですね。
また、それを目指して修行している方々が「菩薩」と考えて頂ければ良いでしょう。
観音様やお地蔵様も「菩薩」です。

仏像の特徴としては阿弥陀如来釈迦如来では、そのが示す「」が異なります。
0526_1.jpg

阿弥陀如来は座して膝の前で示す「禅定」、または立像座像共に右を上向きに左を下向きに示した「来迎」を示されています。
どちらも親指と人差し指を着けて輪を作っておられるのが特徴の「」です。

0526_2.jpg

釈迦如来は座して膝の前で掌を上に向け、左の上に右を重ね、親指の先を合わせた「禅定」と、立像座像共に右は上向きの「施無畏」、左手は下向きの「与願印」を示されています。
釈迦さまは両手の掌を開いておられるのが特徴の「印」です。

希に上記の組み合わせが当てはまらない、特殊な仏像がある寺院もありますが、一般に市販されている仏像はおおむね決まっています。
希に間違う方がいらっしゃるので、仏像を買うときは注意して確認しましょう。


ちなみ鎌倉の大仏様は「阿弥陀如来(あみだにょらい)」ですが、奈良の大仏様は「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」という仏様です。





ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

tag : 仏像 如来 阿弥陀 釈迦 大日

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

八代目

Author:八代目
福島県いわき市平で、仏壇や神棚などの神具仏具、宗教用具販売をしています。
平成29年で創業178年目を迎える神仏具店の八代目です。
もう一寸の間は若旦那ってことにしておいて(笑
息子九代目もおります(^^;

FC2アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード