彼岸とは

「彼岸」とは字を見ても判るよう「向こう岸」という意味です。
こちら側(この世)の向こう側(あの世)つまり極楽浄土をさします。
悟りの世界へ渡るために教えを守り、行いをつつしむ期間とされていたものが、春分の日と秋分の日と結びついて墓参りなどをする年中行事となりました。
法律でも「先祖を敬い、亡き人をしのぶ日」と定められているとか(本当か?)

では何故、春分の日と秋分の日を中心とした七日間なのか?
「西方浄土」と言う言葉ご存じでしょうか?
仏教では極楽浄土は西方十万億土の彼方にあると考えられています。
従って太陽が真東から上って真西に沈む「春分の日と秋分の日」は、極楽浄土の方角がはっきりわかるので、信仰と結びついたのではと推測されます。
そしてその日を挟んだ前後3日の計七日間に、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)という六つの修行をする事で、悟りの世界(極楽浄土)へ近づきましょうってことなんです。

まぁ、あまり難しいこと言われてもなんでしょうから、ここからは簡単に(^_^;)。
どんな人でも親がいて、その親にも親がいて、つまり誰でもご先祖様はいるんです。
今の自分が存在するのはそんな沢山のご先祖様がいたおかげ。
普段あまり接することの少ないご先祖様に、お盆も含めた年三回ぐらいは手を合わせましょう。
i~∧(-.-)

砕けすぎました?ヽ( ´-`)丿

あ、それから「ぼたもち」と「おはぎ」の違いですが、春は牡丹の花で「牡丹餅」、秋は萩の花で「お萩」というのが由来です(^_^)
「ぼたもち」はこしあんで、「おはぎ」は粒あんだったんですが、現在は和菓子屋さんでも両方品揃えしてますから、あんまり一般的には知られてませんネ(^_^;)

ホームページ


スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

八代目

Author:八代目
福島県いわき市平で、仏壇や神棚などの神具仏具、宗教用具販売をしています。
平成29年で創業178年目を迎える神仏具店の八代目です。
もう一寸の間は若旦那ってことにしておいて(笑
息子九代目もおります(^^;

FC2アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード