スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月の迎え方

 おそらくどの地域でも、年末は神棚を掃除したり新調したり、神具など欠けている物があれば買いに走る等されることでしょう。
これは、お正月は年神様(としがみさま)が訪れ、一年の幸をもたらすとも昔からいわれているからで、各家庭では注連飾り(しめかざり)や門松(かどまつ)を立てて年神様をお迎えします。
年ごとの新しい生命の力をいただき、いつまでも変わらない世の平安をお祝いするのがお正月で、「おめでとう」と挨拶がかわされるんです。
ただざっくばらんに、新しい年が来たからめでたいんで「おめでとう」でも良いんですが、日本人ならそういう基本の精神があることをたまには考えてみましょう(^.^)

日本人と神道の関わりについては、長くなるので今回は省略します。。。

注連飾りなどのお飾りですが、最近ではムードを高めるインテリアとしての効果の方が大きいようですネ。
飾る時期は暮れの内にが原則です。
29日は「苦立て」、31日は「一夜飾り」になるといって忌む風習もあるので避け、28日か30日に飾るのが一般的です。

注連縄(しめなわ)は「なわばり」を表し、一本の縄が境界を示して立入禁止のしるしを表しています。
家の中に悪霊を入れず穢れをさり、無病息災、家内安全の願いを込めて飾ります。
これは注連飾りも同様だと思います、たぶん(;^_^A
注連縄は地方によっていろいろな種類があります。
だんだん細くなっているものを「大根注連」とか「ごぼう」と呼びますが、張る場合は神棚に向かって右に太い方がくるように張るのがいわき市では一般的です。(地域性がありどちらでも可)
そして、下に向かって左巻きに折った紙垂(しで)を、等間隔に挟み込みます。
紙垂の作り方_s

鏡餅は神様へのお供えですので、注連飾りや輪飾りをおいた場所付近に一緒に供えます。
三宝(さんぽう)に乗せて半紙を十字に敷くなどの正式な作法はありますが、白いお皿や半紙を二つ折りにしただけでも良いと思います。
お供えした鏡餅は後で家族でいただきましょう。
神さまにお供えしたものは「お下がり」と言って、神様にお供えした食べ物をいただくことは、神さまのお力をいただくという意味がありますから。

3pou60_250.jpg


普段放ったらかしにしておいて、困った時だけ神頼みでは通用しません。
宝くじ買ってただ神棚に乗せておくより、上記の事を実践した方が当たる確率も変わりますよ・・・
たぶん( ̄~ ̄)


それでは良いお年をお迎え下さい。


ホームページ

スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

プロフィール

八代目

Author:八代目
福島県いわき市平で、仏壇や神棚などの神具仏具、宗教用具販売をしています。
平成29年で創業178年目を迎える神仏具店の八代目です。
もう一寸の間は若旦那ってことにしておいて(笑
息子九代目もおります(^^;

FC2アクセスカウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。